特別ではない分かってる話

特別ではない分かってる話

看護師が明日使える知識や技術面の情報を公開していきます!

看護師の臨床というのは、様々な勤務形態の中で多忙な毎日を送っている方が多いと思います。

 

そんな中勉強会に参加するというのは、非常に大変で毎日仕事と私生活の往復で精一杯といった看護師が多いのも実情です。

 

 

毎日患者様の安全や医療処置における責任の重さから、日々細心の注意を図りながら看護を実践していると思います。

 

しかし、日々必要とされる知識や技術というのは変化し、医療の細分化、高度化、入院期間の短縮に伴って看護師の技術向上は必要とされています。
看護師というのは、コメディカルの一つとして、さらに専門職の一つでもあります。

 

 

専門職であるということは、その看護技術において医療現場では責任が伴います。

 

そんな看護師を応援し、看護師が毎日の臨床で必須となる知識を中心に公開していきます。

 

 

小児の点滴における注意点

小児の点滴というのは、活発に手足を動かし、感情も豊かなため恐怖心を与えないように細心の注意が必要です。

 

 

また、認知面でも発達段階にある小児は、点滴の必要性を理解することができず、必要以上に逃げてしまう事も多々あるでしょう。

 

 

小児の血管というのは、手背や足背が特に細く、針先が動く事によって血管外に薬液が漏れやすいので経過を観察していく事も必要です。

 

 

大人であれば、薬液が漏れて浮腫が出現した事に気づいて知らせてくれたり、違和感があったら声をかけていただけるように促す事ができますが、小児では本人からの意志で異変を伝える事ができない事が多いです。小児というのは、周囲や身の回りのことに気が取られやすく、注意事項を忘れがちなのです。ですから、点滴や看護処置をしている際は異常がないか細心の注意を払い早期発見に努めましょう。

 

 

点滴挿入部を覆わないように固定しましょう!

小児の点滴において点滴挿入部の関節が動かないように固定する事は良くありますが、針の挿入部を覆ってしまってはいけません。
点滴処置時の異常を早期に発見するためには、視診がしやすい事が大切なのです。
必要であれば、透明のドレッシング材を用いる事で針の挿入部が見えた状態で固定する事も可能です。また、穿刺部もしっかり固定できるので、針が抜けてしまう事を避けたり、、感染症を防ぐ事に繋がります。

 

 

子どもの点滴時のトラブル

小児の点滴や注射における医療事故は多く報告されており、未然に防ぐ事ができたものも多いです。
小児の身体というのは、ふっくらとしていますから、点滴漏れのときに見落としてしまう事が多いです。その医療事故を防ぐにはきちんとした触診を行う事と、浮腫の出現を見落とさない事が重要です。
看護師として小児の患者様の行動に注意し、経過をしっかりと観察する技術を身に付けましょう。

 

 

ちょっと変わったバスとの話

バストアップの為におっぱいマッサージを開始しました。わざわざ本を買い、説明通りにバストを揉み解していきます。バストアップクリームも勿論買いました。コラーゲンやヒアルロン酸という、有名どころの成分が入っています。塗るとちょっとひんやりするのがマイナスですが、気にせず毎日塗り続けていました。

 

 

しかしながら一向にバストアップせず。美肌成分のお蔭なのか、肌のキメは整ってきた感じがします。私はお風呂上りに頑張ってマッサージしていたのですが、翌朝もクリームのべたつきが残っているんです。

 

 

このせいで、朝ブラをすると昼にはワイヤー部分がべたべたするのです。しかも梅雨時期という事もあり、汗とクリームが混ざって超不快感。真冬の乾燥時期は胸が潤って良かったのですが、この時期のバストアップクリームは向きません。

 

 

丁度バストアップクリームがなくなったので、他に良いものはないかとネットを探りました。するとあるじゃないですか!

 

 

B-UPというバストアップサプリメントが!これなら胸もべたつかないし、有効成分を直接胸に塗るのもアリだけど、体の内側から女性ホルモンに働きかけるのは期待出来ます。

 

 

ただ副作用が怖いですね。高品質なプエラリアを250r配合しているという事で、これはイソフラボンが大豆の40倍にも匹敵します。女性の身体はデリケートですから、生理不順や肌荒れの心配が否めません。細かく調べたら副作用の心配はなさそうだし、万が一合わなくても、90日間の全額返金保証があるので安心感があります。そういえばこのサプリ、彼氏がファンのグラビアアイドル“ももゆい”ちゃんも愛用していたっけ。

 

 

可愛らしい顔立ちなのに抜群のプロポーションでして、彼がご執心でした。なるほど、日本男子はこの様なギャップに弱いわけですね。

 

 

こんなふわふわなバストになれるか微妙だけど、やってみなくちゃ分からないですからね。今週からバストアップクリームをやめ、バストアップサプリに変更してみます。

 

おしっこが痛いんです・・自分

最近おしっこをするときに痛みが出るようになり、最初はただの尿道炎かと思っていましたが、よくよく考えてみると少し前に友達と風俗に行ったことを思い出し、性病に感染してしまったのではないかと不安になりました。

 

 

調べてみると、排尿時に痛みがでる症状というのは、性病の典型的な症状らしいです。

 

 

今までにも何回か尿道炎らしきものになった経験があり、その時にもおしっこをするときに痛みがありましたが、たいして気にもせずに放置しておいたら勝手に治っていました。ですが、一度調べてみると性病に感染してしまったいるかもとう不安はぬぐいされません。

 

 

 

かといって泌尿器科にかかるのも抵抗があるので、友人に相談したら性病キットを使用するのがいいと勧められました。

 

 

 

この性病キットというのは自宅で簡単に性病にかかっているかどうかの検査ができるとのことです。検査キットの使用方法も簡単です。自分で行うのには専門的な知識がいるかと思っていましたが、ただおしっこや口の中の粘膜を採取するだけでよく、あとはそれを検査してくれるところは送り返すだけでいいそうです。

 

 

 

料金も1万円程度らしく、検査する項目が多ければ多いほど高くなるそうですが、病院へ行くことを考えると、自宅で誰にも知られることなく検査が出来ることは大きいですよね。

 

 

 

まずは検査項目が少ない奴で検査をしてみようと思います。もしもそれで陽性が出てしまったら、覚悟を決めて泌尿器科へ行こうと思います。

 

 

 

なんにしても、今後しばらくは風俗へ行くことはやめておこうと思います。他人に移してしまったら申し訳ないですし、なによりも新しい性病をもらうなんてことになるのは避けたいので・・・・・

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ